エアコン内部の汚れる理由^^

2018年6月4日

エアコン内部が汚れる理由とは?

エアコンは、室内の空気を冷やしたり、温めたりするための家電機器ですが、
一体どういう仕組みになっているのかご存知でしょうか?
エアコンは、部屋の空気をグルグル循環させています。

<エアコンはキッチンに近いほど汚れやすい?!>

エアコンはキッチンに近いほど汚れやすいという特徴があります。
理由は、料理をするときに出る油を含んだ水蒸気(油煙)を循環してしまうためです。
換気扇のフィルターに油汚れが付きますが、その時エアコンも同時に運転していると、
その油汚れの一部がエアコンのフィルターに付いてしまうのです。

<汚れが貯まる原因>
1、水蒸気は粒子が小さいので、エアコンフィルターの目を通過してしまう可能性がある
2、油が接着剤代わりになってさらにホコリや他の汚れを吸着しやすくなる
3、油汚れがエサとなり、カビの繁殖を進めてしまう

こうした段階を経て、少しずつエアコンに汚れが蓄積していきます……。

<香水とヘアースプレーに注意!>
よく一般家庭の鏡台の近くのエアコンから「酸っぱいニオイがする」という相談を受けることがあります。
エアコンの熱交換器はアルミでできていますが、これがヘアースプレーや香水のニオイの成分と化学的に反応してしまい、
ニオイが沈着してしまったのだと思われます。できるだけ香水やスプレーを使うときは、エアコンを切ること。
また、エアコンの真下で使わないことをオススメします。
軽い物であれば、プロによる分解清掃で解決する場合もありますが、
長期間かけて沈着してしまったニオイに関しては、物理的に完全除去が不可能である場合も少なくありません。

そこで!おそうじ本舗では、こういった汚れから熱交換器を保護する「防カビチタンコーティング」
という特殊コーティングサービスをご用意しています
エアコンのニオイにお悩みの方は、ぜひ一度お掃除のプロに相談してみてください☆

詳細はコチラ→ https://goo.gl/J92ovG

#おそうじ本舗 #エアコンクリーニング #エアコン #お掃除 #掃除 #カビ #エアコンが臭い #リビング #自宅 #部屋 #キッチン


お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る